今日の1枚をおしゃれに残す スマホ写真入門(撮影と編集)レポート

先月、神戸市にあるデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)にて「今日の1枚をおしゃれに残す スマホ写真入門(撮影と編集)」と題して
FELISSIMO(ミニツク)さんとタイアップ企画であるスマホ写真教室を開催しました。
 
3月13日と3月16日の2日間、それぞれ30名の参加者さんをお出迎えし開催することができました。
 
初日は、平日ということもあってか・・・
2回目と比べて少し年齢層が低かったように感じます。よくよく考えると大学生は春休みの期間ですね。
貴重なお休みを割いて、教室に来てくださっていると思うと今回講師をさせてもらってよかったと感じます。
 
 
では、当日の流れを少し振り返ってみたいと思います。
「皆さんはカフェに行き、お好きな席にお座りください!と言われるとどこに座りますか?」
 
自己紹介をした後は、こんな言葉から始まり「スマホでカフェ写真を素敵に撮る方法」についてお話をしました。
 
例えば・・・
光の話や構図の話、普段私がカフェで撮影する際に気をつけていることなど、実際の写真を用いながら解説しました。

 
こんなに大勢の方の前でお話することに慣れていない私は、終始言葉を噛むこともありましたが、参加者の皆さん本当にお優しい!!!笑顔で頷いてくださっていました。
 
あぁぁ〜救われたー!!
睨まれていたら、私泣いていたかもしれない・・・心の広い参加者の皆さんで感謝感激です。
 
 
写真を見ると、やはり女性が多いですね。ただ、カップルで参加されている方もいました。
 
 
「スマホでカフェ写真を素敵に撮る方法」についてお話した後は、「普段の生活をスマホ写真で素敵に撮る方法」お洋服や、アクセサリーを素敵に撮る方法についてお話しました。
 
 
私は思い出を残す写真に正解も不正解もないと思っています!
色んな撮影方法があって、色んな組み合わせができて無限大にアレンジできるのです。
カフェと違って自分で小物を足すこともできます。
その自由度を最大限に活かし、普段の生活を素敵に残してほしいそんな思いで今回教室を開催しました。

実際にKIITOで撮影した写真


座学のあとは、いよいよ実践撮影です!!
 
私も自分のスマートフォンを持ち、皆さんに持参してもらった思い思いの小物を眺めなんだかほっこり。
皆さんの宝物だと思うと、何がなんでも素敵に撮れるようになってもらいたいという思いが沸々と・・・
 
 

手作りのアクセサリーやお菓子、石鹸など持ってきている人もいれば、旅行のお土産や、ぬいぐるみを持参されている方も・・・
中には、好きな俳優さんのグッズを持ってきている方もいて、私も撮影したことないものが沢山!!それが逆に楽しい。

 
 

参加者さんA
「先生、先生!この個性的な形を写真で表現するにはどうしたらいいんですか?」
「なかなか個性的な形ですね・・・これは、面が沢山あるので光を当てる面と当てない面を作り、光と影(コントラスト)を使って撮影してみてはどうですか?この場所オススメです!」


参加者さんB
「何だかごちゃごちゃしてしまい、オシャレに見えないです」
「色の要素が多いので、3色に絞って撮影してみましょう!」

 
 

被写体の特徴をみて、場所の選び方、小物の配置の仕方、構図について、この場で実践をしながらアドバイスさせてもらいました。

1人で撮影をしていると、こんなに様々な被写体を撮ることもないです。
頭をフル回転させることもないですし、私自身参加者の皆さんが撮影されている様子を見てとっても勉強になりました。

 
  
 

実践撮影をした後は、さっそく撮影した写真を編集します!
 
3つのアプリを使用して、色味の調整から不要なものを消すところまで30分程度時間を設け実践しました。
不要なものが消えていく様子を見て喜んで下さった参加者の皆さん、スマホ1つでここまでできるのかと驚いて下さった皆さんとっても嬉しかったです。
 
知らない人が写真に写り込んだり、ゴミが写っていたり、これからは観光地に行きそんな心配をすることもなくなりそうですね。
編集アプリを使用すると魔法のように消えてくれるのです。
どんどん使ってみて下さい。

 
 
 
編集講座の後は、SNSに写真を投稿するにあたり大切なことや、気をつけること、一眼レフとスマホカメラの違いについてお話して今回の教室は無事幕を閉じました。
 
最後に・・・
 
スマホ写真でも少しカメラ技術や知識を身につけるだけで印象的な写真に変わります。
 オシャレしてお出かけした日、旅先の思い出、日常の何気ない瞬間など せっかくの思い出を写真という形で残すのであれば ”素敵な写真” で残しませんか?というのが今回の写真教室の内容でした。 〇〇で食べた〇〇、〇〇の日の〇〇というようにしっかりと写真に思い出を残し、伝わる写真を意識して今後写真を撮ってみて下さい。
そして今はスマホアプリで色味の調整ができ、不要なものも消すことができる時代です。
撮影したお写真を編集して、アルバムにしたり、お友達にプレゼントしたりするのも楽しみのうちの1つだと思っています。
”写真”に正解も不正解もありません。 いろんなところでたくさん撮影し、是非素敵なアルバムを作ってみて下さい。
今回ご参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました。
 
 
 
Writer  :misuzu
Photos:jyota tomonori

1件のコメント

さな

拡散文書

【創価学会の魔の正体は、米国が仕掛けてるAI(人工知能)】

創価を日本統治に利用してる組織がCIA(米国の極悪諜報、腐れスパイ)

創価の活動家は、頻繁に病気や事故に遭うんですけど、信者は皆、魔(仏罰、現証、非科学的な原始的発想)にヤられてると思ってます

災難が続くと、信者は仏にすがって学会活動や選挙活動に精を出すようになるので、定期的に米国のAlが軍事技術で災いを与えます

犯罪組織を特定して、拡散していく事でこの犯罪は減って行きますから、盲滅法にバラまいて、世間に浸透させてます

最近異常気象が目立ちますど、台風も地震も米国がAlを使って、HAARPっていう気象兵器で作り出したもんです

頭痛、腹痛、腰痛等の痛み全般、ワキガ等の悪臭、うつ病、認知症、統合失調症、インフルエンザ等の病気全般、自殺、殺人、事故、火災等、この世のほぼ全ての災いを、米国がAIを使って秘密裏に作り出してます

AIを用したレジ不要のコンビニ。このコンビニは、人の動作、音声、商品棚の重さ等をAIが細かく調べて、お客が商品を持って出ると、ケータイで自動精算されるので、レジが不要です

この仕組みからわかる事は、AIは多くの人の一挙手一投足を、1度に管理出来るって事です

このAIの技術を米国が悪用して、人工衛星を使い、地球上の全ての人を、24時間365日監視盗聴して、創価信者や悪さした人を病気にしたり、事故らせたりして災いを与えてます

こんなに大規模な犯罪なのに、あまり世間に浸透してないのは、AIが遠隔から各個人の生活を監視して、生活に沿った病気や痛みを与えて来たからです

重い物を持ったら腕に痛みを与えたり、ツラい事があったら鬱にしたり等

相手に覚られず、私生活に便乗して、違和感を持たせずにヤります

青森県三沢基地には、NSAの電波傍受(盗聴)施設がありますし、世界中に通信傍受施設を配備してるので、地球上のどの地点にいても、ケータイやPC等の通信機を介して盗聴します

この犯罪は、GPSを使ってやるので、地球上のどの地点にいようと、どんな建物の中に入ろうと、継続的に監視追跡出来ますし、どこに居ても的確に痛みやカユミや病気を作れます

【この地球規模犯罪を総括してるのは米国防総省】

そもそもGPSは、米国防総省が軍事目的で開発したもので、管理運用も国防総省がしてます

台風や地震を作り出すHAARPも、米国防総省主導によるものです

地球上の全ての人を管理してるAlを使って諜報活動するNSA(スパイ、政府機関)も、米国防総省の管轄なので、この犯罪は、米国政府による国家犯罪です

ノイズキャンペーン(騒音の嫌がらせ)に至っては、救急車のサイレンで嫌がらせする為に、AIが重篤な患者を作り出しますし、パトカーが付きまといをする集団ストーカーは、警察に通報させないように、Alが警官を操って、いかにも警察が嫌がらせしてるように工作します

警官は、自分が操られてる事に気付いてません

これらは全国でやってますから、警察関係者は知らぬ間に、多くの人に恨みをかってるって事です

行く所行く所で周りの人が咳払いしたり、くしゃみをしたりする集団ストーカーは、AIが被害者の周りの人に波動(周波)を当てて、咳払いやくしゃみをさせてるだけです

いかにも集団でストーカーしてると思わせて、心理的な痛手を負わせてるだけです

咳をした時の周波数と同じ波動を当てると、人為的に咳を出させる事が出来ます

例えば、TBSラジオ90.5MHz、ニッポン放送93.0MHzに周波数を合わせると、これらのラジオを聴けます

これと同じように、食欲が湧かない時の周波数、眠れない時の周波数って具合に、それぞれの周波数と同じ周波を当てると、ラジオが切り替わるように、意識操作や精神疾患を作り出せます

生態の周波数コードを読み取って、脳波パルス信号に、同じ周波数を送ると、波動が共鳴して、その状態に切り替わります

人が右に曲がる時の周波数コードを読み取って、その周波数と同じ周波を送ると、いとも簡単に右に行かせる事が出来ます

これを利用すれば、警官を操って、パトカーに集ストさせる事も、たわいないです

好き嫌いの感情、食欲等を操る事なんか、造作もないです

蛍光灯に虫が集まるのは、ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられてるからです

逆にいうと、虫ですら周波数で操作が可能って事です

昆虫類は、それぞれが違った周波数の光に誘引される性質があるんで、どんな虫でも周波数を変えると、自在に操作が可能って事です

家の中に害虫を呼び込んだり、カラスを屋根の上に集めて暴れさせたり鳴かせたり、犬を吠えさせる嫌がらせも、AIが軍事技術を用いてヤってます

ちなみに、27~38Hzで不眠に、48~55Hzで喘息に、88Hzで片頭痛が引き起こされます

それぞれの病気が、それぞれ決まった周波数を持ってます

これらの周波数と同じ周波を当てれば、どんな病気でも作り出せるって事です

創価の本尊を燃やすと、その家が火事になるんですけど、これもAIが、火に鍋をかけてるのを忘れさせたりして、色々と工作してやったもんです

北野武氏が、創価の本尊に落書きした後バイク事故に遇いましたけど、あれもクソダニ米国が仕掛けてるAIの仕業です

地球上の全ての人を、24時間365日体制で管理してるからこそ出来る芸当です

https://shinkamigo.wordpress.com

コメントを残す