CURBON MAGAZINE

Lightroomをスマホで使う方法と使用上の注意点

Lightroomをスマホで使う方法と使用上の注意点

「PCは苦手だからスマホで編集してみたい。」 写真を始めたばかりの頃は、撮影することに精一杯で、編集(レタッチ)は難しいと感じている方も多いのではないでしょうか? でも、スマホ版Lightroomなら、本格的な編集も、アプリひとつで完結させることができます。   Lightroomとは? Lightroomは、写真を編集・管理するソフトウェアです。現在、大きく分けて2つ、Lightroom ClassicとLightroomの2種類が存在します。 【PC】Lightroom Classicとは Lightroom Classicは、デスクトップ向けのソフトウェアです。 細かい設定ができるため本格的にレタッチをする場合はこちらを使うことが多いです。 【PC/スマホ/タブレット】Lightroomとは LightroomはPCとスマホアプリで使用することが可能です。 Lightroomはクラウド上で管理されているため、インターネット環境がないところでは一部機能が制限されてしまいます。 スマホアプリは、Lightroomモバイルと呼ぶことで区別します。   引用:Adobe公式ページ     もう少し詳しく解説することもできますが、今回は割愛し、スマホで利用出来るLightroomモバイルについてのみ解説していきます。   また、以下、文中では、誤用を避けるため、 ・Lightroom Classic:PCのみで利用可能なローカルストレージに保存するタイプ ・Lightroom:スマホやタブレットと連携可能でクラウド上にデータを保存できるタイプ ・Lightroomモバイル:スマホ版Lightroom として表記します。   Lightroomモバイルを使用するメリット...
続きを読む
Kodak Portra 400をイベント限定パッケージで販売します!!!

Kodak Portra 400をイベント限定パッケージで販売します!!!

みなさまこんにちは!今回写真展の企画・運営をしております鈴木秀康(ひでやす)です。 写真展まであと1ヶ月!ということでこちらで写真展の情報を更新していくことにしました!👏 気になる方はぜひチェックしてくださいね…!!!😋   「そもそも「Kodak Portra 400」とは?」   さて、今回は本日4月17日から期間限定で予約販売された「Kodak Portra 400」を紹介します!   アメリカに本社を構えるフィルムメーカー企業「Kodak(コダック)」が発売する写真用フィルムです。 自然な色合いと、柔らかなトーンが特徴。特にブルーが爽やかに表現されます。 特に女性のポートレートの撮影や風景写真において、優しい雰囲気を出せると評判です。   今回出展するアーティストも多く使用しているんですよ!   川原和之さんのPortra400を使用した作品  HaruさんのPortra400を使用した作品 高橋伸哉さんのPortra400を使用した作品 AKIPIN さんのPortra400を使用した作品 「人気フィルムが魅力的な価格かつオリジナルパッケージ!?」   そんな「Kodak Portra 400」が今回の写真展限定で、非常に魅力的な価格で販売いたします! これだけでもすごいのに、しかもオリジナルパッケージなんです!!  ...
続きを読む
CURBON写真部 第1回ミート 関西・関東

CURBON写真部 第1回ミート 関西・関東

2019年3月30日。 第1回CURBON写真部ミートが開催されました。   関東では50人、関西では40人ほど、高校生、大学生、カメラに詳しい人からカメラ買ったけど使い方わからなくてどうしよー!な初心者まで、沢山の参加部員の皆さんが集まって下さいました。   いろいろな人と交流してもらえるように、当日は関東・関西ともにリーダーを中心に班分けをしてミートの始まりです。   リーダーの中には高校生が立候補してくれたりと、全体的には大学生の方が多かったですが、高校生も負けず劣らず、全力でミートを盛り上げてくれました。   印象的だったのは、関東では写真本気勢が多かったこと。 ミラーレスはもちろん、一眼レフカメラやフィルムカメラを持ってきていた部員さんもいて、閉会式前にはさっそく現像してる人もいました。   当日参加部員に話を伺うと、参加者の中には、学生の傍らカメラマンとして活躍されている、すご腕学生の方もいて、初心者部員にはとても刺激になったのではないのでしょうか?   こうして、参加者のカメラ技術のレベルがバラバラなのもミートの良さです。 新しいカメラに挑戦してみたいけど、どうしていいかわからない、何から手をつけたらいいかわからないという方、現像なんてしたことない!という方、実際に使っている人に教えてもらいましょう。   一方関西では・・・ 関西では当初万博記念公園での桜ミート予定しておりましたが3/30の大阪の天気予報はあいにくの雨模様。 急遽、開催場所を変更し 古民家レンタルスペースにてミートを開催することとなりました。 急な場所の変更にも関わらず、集合予定時間の15分前からぞくぞくと部員の皆さんが会場に来てくれました。   そして始まった、桜ミート改め古民家ミート。 曇天で室内が少し暗く、写真を撮るには光が足りないのでは。 たくさん集まってくれたからスペースが狭いかな。と不安でしたが学生パワーって本当にすごいんです。   初対面の人がほとんどの中、『誰が被写体する?』『じゃんけんで平等に!』   一瞬で和気あいあいとした雰囲気に。...
続きを読む
今日の1枚をおしゃれに残す スマホ写真入門(撮影と編集)レポート

今日の1枚をおしゃれに残す スマホ写真入門(撮影と編集)レポート

先月、神戸市にあるデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)にて「今日の1枚をおしゃれに残す スマホ写真入門(撮影と編集)」と題して FELISSIMO(ミニツク)さんとタイアップ企画であるスマホ写真教室を開催しました。   3月13日と3月16日の2日間、それぞれ30名の参加者さんをお出迎えし開催することができました。   初日は、平日ということもあってか・・・ 2回目と比べて少し年齢層が低かったように感じます。よくよく考えると大学生は春休みの期間ですね。 貴重なお休みを割いて、教室に来てくださっていると思うと今回講師をさせてもらってよかったと感じます。     では、当日の流れを少し振り返ってみたいと思います。 「皆さんはカフェに行き、お好きな席にお座りください!と言われるとどこに座りますか?」   自己紹介をした後は、こんな言葉から始まり「スマホでカフェ写真を素敵に撮る方法」についてお話をしました。   例えば・・・ 光の話や構図の話、普段私がカフェで撮影する際に気をつけていることなど、実際の写真を用いながら解説しました。   こんなに大勢の方の前でお話することに慣れていない私は、終始言葉を噛むこともありましたが、参加者の皆さん本当にお優しい!!!笑顔で頷いてくださっていました。   あぁぁ〜救われたー!! 睨まれていたら、私泣いていたかもしれない・・・心の広い参加者の皆さんで感謝感激です。     写真を見ると、やはり女性が多いですね。ただ、カップルで参加されている方もいました。     「スマホでカフェ写真を素敵に撮る方法」についてお話した後は、「普段の生活をスマホ写真で素敵に撮る方法」お洋服や、アクセサリーを素敵に撮る方法についてお話しました。  ...
続きを読む
写真で人に感動を届けたい

写真で人に感動を届けたい

    【Lightroomプリセット】 CURBONメンバー体験談 / 歩雪のわさん     憧れのフォトグラファーのように編集したいけど、なかなか上手く編集できない!という方も多いのではないでしょうか?     今回は、カーボンのプリセットを購入してくださった歩雪のわさんから体験談メッセージをいただきました。   -購入した時期を教えてください。 歩雪のわさん:haru wagnusのプリセットを3月中旬に購入しました。   -ダウンロードから使用するまでの手順は難しかったですか? 歩雪のわさん:ダウンロードはとてもわかりやすくて簡単でした。振り込みが完了した時点でメールがすぐ届くのでその点も嬉しいです。   使用してみた感想はどうでしたか? 歩雪のわさん:編集した感想は最高でした。   プリセットを使用された現在の作品 プリセットを使用された現在の作品 -プリセットを使う前と使う後で変わったことなどありますか? 歩雪のわさん:写真始める前から写真を見させてもらってたハルさんの写真のプリセットなのでぼくも楽しみでした!前から自然だとか海で撮ることが多い僕ですが、場面的にもハルさんのプリセットがとっても使いやすかったです。 そもそもプリセットってどんな場面でも使えるようにするのって難しいと思うのですが、ハルさんのプリセットはどんな場面でもだいたい合うし、透明感だったりシックな感じもだせて、本当に満足しています。   プリセットを使用された現在の作品...
続きを読む
学びたいことを学べる場所

学びたいことを学べる場所

  【動画講座】CURBONメンバー体験談 / 久保木さん     「いつもInstagramで見ているあの人みたいに撮ってみたい!」   そう思っている方は少なくないはずです。   そんな憧れのあの人に近づけるチャンスが、ここCURBONから始まります。     「学びたいことを学べる場所がやっと見つかりました。」   生き生きとお答えくださったのは、「うさぎとカメラ」という写真屋さんの店主でもある 久保木さん   今までは、技術や知識をお金で買うということがなく、学びたくても学べなかったそう。   住んでいる場所やライフスタイルに縛られない動画講座だからこそ、新たな学びとの出会いが出来たそうです。     -動画講座を購入しようと思った理由を教えてください。 久保木:いつも見ている好きなアーティストさんがどんな風に撮って編集しているのかを知りたかったからです。特に、CURBONでは、いろんなジャンルのアーティストさんから選べるので、自分にぴったりなものをピンポイントで学べるのが嬉しいですね。ちなみに初期のメンバーの動画は全て事前予約して購入しました。   -動画講座を見て、変化した点はありましたか? 久保木:技術的なことだけでなく、撮影する心構えや気持ちの部分を知ることはなかなかないのでいい刺激になりました。感覚の部分や気持ちの部分でしょうか、文面では出せない、声の調子や雰囲気が伝わる動画講座ならではの刺激を受けることができました。   -確かに、気持ちの部分は、アーティストが直接教えてくれる講座だからこそ伝わってきますよね。では、具体的な中身について、特に他の講座や書籍と比べて魅力的に感じた点はありましたか? 久保木:他の写真家のレタッチなどが知れたのは他にはなくてよかったです。初心者の方で編集方法など詳しくなくても、プリセットを使って一瞬で綺麗な色になるのは自信にも繋がりますよね。...
続きを読む
中澤圭佑『そこに行きたくなる!惹きつける美しい風景撮影』写真教室レポート

中澤圭佑『そこに行きたくなる!惹きつける美しい風景撮影』写真教室レポート

先日1月19日に代官山北村写真機店にて、中澤圭佑さんの写真教室 「そこに行きたくなる!惹きつける美しい風景撮影」が開催されました。 会場には20人の参加者に加え、スタッフの皆さんでいっぱいに。   まずは、中澤さんの自己紹介からはじまりました。     中澤さんの柔らかい物腰や、お人柄も影響してか、すぐに皆さんの緊張がほぐれていく様子が伺えました。   参加者の方は、カメラ初心者の方から写真を仕事にしているような、カメラ上級者の方まで様々でした。   皆様は撮影するときは何モードで撮影していますか? マニュアル?Aモード?Sモード?Pモード? 結論は・・・Aモードで撮っておけば(基本は)問題なし!!!です。 序盤は、カメラ初心者の方でもわかりやすくカメラの基本、露出の合わせ方について教えていただき中盤にかけて実践的なお話へ、シーン別にカメラの設定について教えてくださいました。 (例えば、風景撮影であれば三脚ありの場合にISOは100、F値は11・・・三脚なしの場合はISOは500〜1000・・・など)   皆さん、中澤さんの丁寧な解説と美しい写真に釘付け。 通りのお客さんやお店のスタッフさんなども足を止め聞き入るほどでした。 参加された方の中にはパソコンや、ノートにメモをとったり、スマホで動画や写真を撮影したりと大変熱心に学ばれている様子でした。 中盤から終盤にかけては構図のお話や、季節別のオススメロケーションの紹介、普段使用されているアプリの紹介をしてくださりました。   終盤では中澤さんと一緒に撮影に行っているかのような気分に・・・ 早く撮影したい、早くアプリを使ってみたい・・・そんな皆さんの気持ちが伝わってくるかのようでした。 写真教室が終わった後には、感想と共にストーリーに共有してくださる方も多くスタッフとしても大変嬉しい気持ちになりました。     講師:中澤圭佑さんからのコメント   今回は写真講座に参加して頂きありがとうございました。...
続きを読む
CURBON 新年会2019

CURBON 新年会2019

みなさん、こんにちは。 まだまだ、新年会の余韻に浸り中のCURBONスタッフです。   1月11日に、「皆様へ感謝の気持ちを込めて、CURBON新年会」というイベントが開催されました。 この新年会では、アーティストの皆さんを含め約140人の参加者と3時間半という楽しい時間を過ごしました。   普段160万人を超えるフォロワーを抱えるCURBONアーティストの皆さん   SNSでよく見ているフォトグラファーやモデルさんもいれば、普段あまり顔出しをされてない フォトグラファーもいたり   中にはこんな方も・・・ 朝、あるアーティストさんの本を購入し、新年会に来てみると・・・なんと!その憧れのアーティストさんが目の前にいたり   写真では、女性だと思っていたアーティストさんがまさかの・・・男性だったり   サインを求められ、書き慣れないアーティストさんは何を書いたらいいのかテンパっていたり   由利華ちゃんの生ライブに感動して涙を流したり   リアルな場でのイベントだからこそ、体験できる楽しみやハプニング!?などがありました。       まだ1年前は ”カーボン” という "カ" の字もありませんでした。 私達を含めた、140名の人々はきっとカメラや写真がなければ出会っていなかったでしょうし...
続きを読む