PICK UP

日本で撮った写真に、Opriscoさんのプリセットを使ってみた!

8月のCURBON+ラインナップ

8月のCURBON+ラインナップ

2022.07.24
本格的な夏の到来で、突然の大雨に悩まされる季節。今年の夏は平年より気温が高いところが多くなりそうとのことで、無理せず過ごしたいですね。 さて、本記事では「CURBON+で開催する教室、先の予定が知りたい!」というお声にお応えし、現在予定している8月の予定をお伝えします!     開催予定の教室・イベント ■CURBON+ MEMBER MEET [ 新企画! ] 日時:8月5日(金) 20:00-21:30 ▼詳細とお申し込みはこちらから   ■CURBON MEET|ストーリー性のある写真の秘訣 日時:8月7日(日) 19:30-21:00ゲスト:Hana ▼詳細とお申し込みはこちらから ■CURBON MEET|心惹かれる静物写真の秘訣 日時:8月10日(水) 21:00-22:30講師:綾 ▼詳細とお申し込みはこちらから ■河原で撮る夏らしいポートレート in 東京 [ 満席御礼 ] 日時:8月11日(木・祝) 15:15-18:30講師:Akiba Satoru ▼詳細とお申し込みはこちらから   ■CURBON MEET|日常に彩りを与える秘訣 日時:8月24日(水) 20:00-21:30ゲスト:相沢亮 ▼詳細とお申し込みはこちらから   ■天の川撮影のはじめ方 in 長野・阿智村 [ 満席御礼 ] 日時:8月27日(土) 20:00-23:00講師:HARLOCK ▼詳細とお申し込みはこちらから   ■ストロボを使った屋内撮影をマスターしよう in 東京 [ 満席御礼 ] 日時:8月28日(日) 13:00-17:00講師:石橋英祐 ▼詳細とお申し込みはこちらから ■フィルムで写す日常 日時:8月30日(火) 20:00-22:00講師:眠り猫 ▼詳細とお申し込みはこちらから その他、8月に予定している教室など ■【期間限定】過去に開催した教室のアーカイブ動画の一部を公開 ■基礎から学ぶ動画教室 ※予定 ■CURBON Photo College|初級クラス vol.5 公開 ■My 8 Fragments 企画にクロカワリュートの参加が決定! ■金本 凜太朗(HP) オンライン写真展 ■CURBON+会員限定 新クーポン and more... さらに、「CURBON RADIO」や「サツオワトーク」など、8月もコンテンツ盛りだくさんでお届け予定です! ※上記は予告なく変更となることもあります。ご了承ください。     現在公開しているe-Learningと7月の教室 7月残すところあとわずか。月末にも教室やオンラインミートを開催するので、こちらもお見逃しなく! ▼コンテンツ一覧で確認!     「CURBON+」とは 「CURBON+(カーボンプラス)」は、月額2,980円で「e-Learning動画」「写真教室」「その他動画・音声コンテンツ」などが学び放題になるサービスです。 CURBON+では業界最前線で活躍するプロを講師として起用しています。カメラを買ったばかりという初心者の方から、写真を仕事にしたいと考えている方まで、ジャンルも幅広く学んでいただけます。 また、年間プランでだけご覧いただけるコンテンツも! CURBON+の詳細はこちらからご覧ください!     8月も皆さんのご参加、心よりお待ちしております!  
CURBON+をYouTubeで覗き見できる②

CURBON+をYouTubeで覗き見できる②

2022.07.22
みなさんこんにちは!写真のCURBONです。すっかり外も暑くなりキャンプや音楽フェスなどのアウトドアも楽しい季節ですが、涼しい室内でたまにはゆっくりしたくなりますよね。先日投稿した「CURBON+をYouTubeで覗き見できる!」はもうご覧になりましたか?前回はスペシャルトークショーをメインにピックアップしてお届けしました。▶︎前回の記事はこちらから   第2回目ということで、ナチュラルや日常テーマにピックアップしていきます。①相武えつ子「自分と子どもの感情を一緒に引き出す方法」子ども・家族写真が人気の相武えつ子さん。素晴らしい作品のその裏側についてのe-Learning動画です。「遊び」を優先する相武さんの撮影方法ですが、お子さんの自然な笑顔や感情を捉える確かな技術をYouTubeで一部ご覧いただけます。 ▶︎該当する講座はこちら       ②Nana*「印象に残るテーブルフォトを撮るポイント」テーブルフォトが印象的で商品広告撮影の他、フォトセミナー等で講師として活躍中のNana*さんのフードをメインとしたテーブルフォトのe-Learning動画です。テーブルフォトはご自宅にあるもので挑戦しやすいですが、印象に残る写真を撮るのは難しく、この講座でどんなところに気をつけているのか、どんな工夫がされているのかを学べます。その一部もYouTubeでご覧いただけます。 ▶︎該当する講座はこちら       ③Jyota & Misuzu「フィルムとオールドレンズで残す写真」ご夫婦で写真家の柔らかな写真を得意とするJyotaさんとMisuzuさん。本編では実践から編集まで学ぶことができます。フィルムカメラやオールドレンズを始めてみたい方にもおすすめです。カップル写真としての撮影がベースとなっていますが、ポートレート撮影として応用できるヒントがたくさん詰まっています。その動画の一部もYouTubeでご覧いただけます。 ▶︎該当する講座はこちら       ④イノウエ「見慣れた日常を特別にする「日常スナップ」のコツ」「心を動かす、何ともない素敵な日常。」をテーマに撮り続けるイノウエさん。普段見ている景色をより素敵に写真に収めたい、日常スナップをもっと素敵に見えるようにしたいという方におすすめです。撮影編・編集編・SNS編と大きく3つに分けて解説しています。そのアーカイブ動画の一部もYouTubeでご覧いただけます。 ▶︎該当する講座はこちら       ⑤koshi_another_side「写真編集はiPhone1つで完全完結!」写真の編集は気軽にやりたい、そう思う方もいらっしゃるかもしれません。AppleStoreで講演、広告起用等、様々な場面でご活躍されているiPhoneフォトグラファーのkoshi_another_sideさんが解説する、e-Learning動画です。CURBONのプリセットでもお馴染みのLightroomのアプリを使っている方も多いかもしれませんが、知っているようで意外と知らなかった編集アプリの紹介やその編集方法が学べます。その動画の一部もYouTubeでご覧いただけます。 ▶︎該当する講座はこちら       いかがでしたか。前回に引き続き、今回も5本の動画を紹介しました。涼しい室内のお供にぜひCURBONのYouTubeの動画をご覧ください。さらにCURBON+に入会すると紹介した動画の続きや、他のアーカイブ動画などもご覧いただけます。明日からの写真ライフがより一層楽しくなるコンテンツをたくさん用意していますので、ぜひお待ちしております!   CURBONのYouTubeはこちらからご覧ください CURBON+の詳細はこちらからご覧ください
CURBON+をYouTubeで覗き見できる①

CURBON+をYouTubeで覗き見できる①

2022.07.15
みなさんこんにちは!写真のCURBONです。 実はCURBONには、YouTubeチャンネルがあるのをご存じでしたか? CURBON+にはたくさんのコンテンツがありますが、YouTubeではそのCURBON+を覗き見できる動画を配信しています。 サービス内の動画はもっと深い話が収録されていますが、無料で見れる動画もかなり見応えがあります。CURBON RADIOは全編無料で視聴できるので、作業のお供に最適です。■CURBONのYouTubeはこちらから   今日はその動画の中でも人気の動画をいくつか紹介します!①川島小鳥×石田真澄 スペシャルトークショー2022年6月18日(土)に行われた、お二人も初めて対談したというここだけの特別なトークショーです。お互いの作品の印象についてや、お二人の日々の活動についてなどをお聞きし、お二人の写真や思考を堪能できる時間でした。本編は約2時間というボリュームたっぷりの内容でお届けしていますが、そのほんの一部をYouTubeに掲載しています。        ②ふつうの道を最高のロケーションにする方法Instagramで「#なんでもないただの道が好き」を発案したコハラタケルさん。SNSで写真を見ている方は、コハラさんの写真を見たことがある方も多いと思います。特別な場所ではなくても、最高のロケーションにできる方法や、シチュエーションを踏まえてどうやって撮るかなどを、本編では5本立てでお送りしております。その一部も、YouTubeでご覧いただけます。       ③GENIC編集長 藤井利佳 × 写真家 武井宏員 特別対談写真雑誌のコーナーに並んでいるのをよく見かける、表現と表現する人の想いを届ける、フォトカルチャー誌「GENIC」。GENICの藤井編集長をお招きし、CURBON代表・武井との対談が実現しました。毎回、素敵なテーマや写真が並ぶGENICですが、本編ではどのように写真を選んでいるか、目に止まる写真とは何かをお話ししていただきました。その対談の様子も、YouTubeで一部ご覧いただけます。       ④写真家対談「なぜ、写真を撮るのか?」2022年5月6日(金)に行われた、トナカイさんとたしろゆりさんの初対談。お二人の写真は落ち着いた雰囲気の中に、個性や力強さを感じさせられます。タイトルにもある「なぜ、写真を撮るのか」を主に「撮影している時/セレクトに意識していること」や「お二人の日々の活動について」などをテーマに本編では2時間たっぷりお届けしています。その対談の様子も、YouTubeで一部ご覧いただけます。       ⑤相沢亮書籍出版記念トークイベント「日常を彩る写真の撮り方」2022年3月30日に初の書籍「日常のフォトグラフィ」を出版され、ますます注目が集まっている相沢亮さん。その出版記念トークイベントを実施しました。本編では、書籍についてはもちろん、普段のお仕事についても全部で2時間たっぷりお話しいただきました。そのトークショーの様子も、YouTubeで一部ご覧いただけます。       いかがでしたか。 今回ご紹介したのは5本の動画でしたが、これはまだほんの一部です。CURBONのYouTubeチャンネルにはもっとたくさんの、お試し動画もご覧いただけますし、CURBON+に入会するともっともっと深くて写真を撮るヒントとなるものがたくさんあります。見終わった後はきっと、明日写真を撮りに行こうかな、こんな写真も撮ってみようかなと思えるようなコンテンツをたくさん用意していますので、ぜひお待ちしております! CURBONのYouTubeはこちらからご覧ください CURBON+の詳細はこちらからご覧ください  
oprsicoプリセット

日本で撮った写真に、Opriscoさんのプリセットを使ってみた!

2022.07.08
みなさんこんにちは!写真のCURBONです。 2022年7月、ついにCURBONから初の海外プリセットを販売することになりました!記念すべき1人目のアーティストは、多くのクリエイティブな作品を生み出し、世界中からファンを集めている写真家・Opriscoさん。 ▷ OpriscoさんのLightroomプリセットはこちら 今回は、実際にCURBONスタッフが日本で撮った写真にプリセットを使用してみました!購入を検討されている方は、ご参考までにぜひご覧いただければ嬉しいです。   1.Amber   2.Bright   3.Highlight   4.Green   5.Azur   6.Light blue   7.Red sun   8.Blue   9.Ocean   10.Warm   いかがでしたか?ポートレートやファッション写真はもちろん、スナップや風景写真などにも幅広く活用できるプリセットだということがわかり、私たちも驚きました!ぜひみなさんに使っていただきたい素敵なプリセットとなっております...!!!※以下のポイントを調整している作例もありますのでご理解ください。 プリセット適用後のワンポイント! プリセットを適用してすぐに完成するものも多くありますが、適用後に特定の色やトーンに寄り過ぎてしまう場合は、 ・”色温度”を撮影時の設定に戻す(近づける)・”露光量”を中心に、”基本補正”で明暗を調整する・”自然な彩度”をグッと大きく上げてみる・特定のカラー部分を調整する ことで、素敵な写真に仕上がると思います。ぜひ試してみてくださいね。 ▷ OpriscoさんのLightroomプリセットはこちら
わたしの推し◯◯ #02 「音楽アーティスト」

わたしの推し◯◯ #02 「音楽アーティスト」

2022.07.04
      「わたしの推し〇〇」は、0(オ)4(シ)の日として毎月4日に、CURBONメンバーが選ぶ推しのモノをご紹介させていただく企画です。 この企画で、みなさまと新しいモノの出会い、新しい世界とつながるきっかけになれればと思っております!      今回のテーマは「音楽アーティスト」です。CURBONメンバーが「わたしの推しアーティスト」を選びました! 写真と音楽は意外と交わる機会が多いのではないでしょうか?撮影中に気分が上がる音楽を流したり、編集作業中にその写真の雰囲気に合った曲を聴いたり。 聴いている曲で写真の編集が少し変わってるかも?なんて話も時々聞いたりします。写真と音楽の関係は見過ごせないかもしれませんね・・・! みなさまも新しいアーティストと出会ってみませんか? それでは是非ご覧ください^^ ※spotifyのプレイリストの音量が大きいかもしれませんのでご注意ください     PEEK ココが好き! タワレコのニューカマーをプッシュするTOWER DOORSというYoutubeチャンネル(今はなんと更新終了してしまった)をなんとなしに聴いてた時に出会ったバンド。インストゥルメンタルの曲でボーカルが入ってない楽曲を演奏します。toeなんかは知ってる方は知ってると思いますが、toeが好みの方はPEEKも気に入っていただけるんじゃないかと!歌が入ってない分、メロディが変化しやすくて聴いていて飽きないところが個人的にインストバンドが好きな一つの理由です。PEEKは全体的にオシャレな感じがあって曲を聴いてる欲を満たしてくれつつも、耳ざわりの良い質感でどんなシチュエーションで聴いても「いいなぁ」となります。(CURBONメンバー・K)       GLIM SPANKY ココが好き! 今年4月にサントリーウイスキー角瓶のCMで「ウイスキーが、お好きでしょ」をカバーしたので、もしかすると耳にしたことがある人もいるかもしれません。男女2人組のユニットで、なんといってもボーカルの松尾レミさんのお声が唯一無二。ライブではヴィンテージの洋服に身を包んで、ヘアメイクもとってもかわいいのです。少し攻撃的なロックな曲は、聴くだけで無敵になったような気持ちになるし、ブルージーな曲は少しぬるっとした夏の夜のドライブに窓を開けて聞きたい。そんなどこか懐かしくて、でも新しい曲がたくさんあります。ちなみに私の推し曲は「大人になったら」「こんな夜更けは」「焦燥」です。(CURBONメンバー・N)       Gene Shinozaki ココが好き! 日系アメリカ人のbeatboxerです。beatbox界ではレジェンドと呼ばれていますが、音楽プロデューサーでもあり技術はもちろん、曲全体の構成やバランスが最高です。基本的にbeatboxも楽器も全てご自身で演奏していて、どの曲もゆったり心地良い楽曲が多いのですが、音の繊細さがうっとりします。いつもニコニコ穏やかで、「かわいい」が好きな人柄も推せるポイントです。この曲をかけながらゆったり写真見たりするのおすすめです。(CURBONメンバー・M)       Aqua Timez ココが好き! 私の価値観形成に大きく与えたバンドであり、初めてライブの楽しさを教えてくれたバンドであり、「好き」の言葉でまとめきれないぐらい、自分にとって特別で必要なバンドです。Aqua Timezの曲は、生きづらさとか不器用さをテーマにしたものが多く、曲というより「詩」のようだなと思っています。誰にでも生きてて「辛い」と思う瞬間があると思いますが、Aqua Timezの曲は自分が消えてなくなっちゃいそうな瞬間に寄り添ってくれて包み込んでくれる温かさがある。「Perfect World」は名作なので、ぜひ聴いてみてほしいです。(CURBONメンバー・M)           ラッキーオールドサン ココが好き! 男女2人組ユニット。ボーカルのナナさんの耳に溶け込むようなやさしい歌声、ノスタルジックな曲調が心地良いです。どこかの誰かの思考や何気ない生活を綴ったような歌詞が小説を読む感覚に近くて、曲の中の情景が浮かんできます。共感したり、背中を押してくれるような言葉たちにもグッときます。ポップでカントリー調の曲は散歩や旅のお供に、スローテンポなバラードは夜寝る前に、日々のいろんなシーンの中で聴きたくなります。(CURBONメンバー・S)         桑田佳祐 ココが好き! いろんなアーティストの楽曲を聴くので、選出に大変迷いましたが、夏曲といえば、という視点で、最初に浮かんだのが「波乗りジョニーです。」(次点で、ミュージック・アワー) 海沿いの颯爽としたロケーションから夕暮れのもの寂しい情景まで、キャッチーなメロディーと歌詞の中に詰め込まれていて、桑田さんは天才だなと思わされます。ちなみに、冬曲でも、白い恋人達は何年経っても心に染みるので、季節関係なく、心に響く楽曲を生み出されるアーティストの感性と、でもかっこつけていない無邪気に見えるあのスタイルは憧れです。(CURBONメンバー・O)         Sam Ock ココが好き! ジャンルはHip Hop。しかし"いかにも"なHip Hopではなく、とってもメロウなHip Hopです。"天使の歌声"とも形容される、切ないほどに美しい歌声が特徴で、どの楽曲も優しく包み込むようなサウンドで、心地よい。ドライブデートで彼の曲流したら「何これオシャレ!」って喜んでもらえること請け合いです。推し曲は「Love」、「Rollercoaster」。ぜひ「Sam Ock」と一度検索してみてください。彼の朴訥とした風貌とキュートな笑顔を知ると、より一層彼のことを好きになるはずです。(CURBONメンバー・S)           いかがでしたでしょうか? CURBONメンバーがお気に入りのアーティストを推しポイントとともに、ご紹介いたしました!気になるアーティストがいらっしゃいましたら、ぜひ聴いてみてくださいね! 次回もお楽しみに〜!     おすすめ記事   わたしの推し◯◯ #01「本」    〈「CURBON+」をご存知ですか? 〉 CURBON+とは、サブスク型のあたらしい写真の学び場です。会員登録をしていただくと、写真教室やe-learning動画、トークショーなどが参加・視聴し放題!写真についての知識・技術を多方面から身につけることができます。>> CURBON+ について詳しくみる    
【新宿 北村写真機店×CURBON by…】 ご購入者限定プレゼントキャンペーン

【新宿 北村写真機店×CURBON by…】 ご購入者限定プレゼントキャンペーン

2022.07.01
CURBONが手がける、カメラアイテムを中心とした革小物を取り扱うブランド、CURBON by...。2022年7月2日(土)〜7月31日(日)、新宿 北村写真機店の2周年祭に併せてCURBON by...のPOPUP販売および、CURBON+のクーポンプレゼントキャンペーンを行います。   Photo by Satoshi Asakawa   カメラのキタムラが運営する「新宿 北村写真機店」はこの夏、オープン2周年を迎えます。2周年のイベント期間中、1F STYLE & GOODSにてCURBON by...のPOPUP販売を行います。通常取り扱い商品のカメラストラップやバッグ等に加え、普段はwebでしか販売していないキーケースやi padケースなども手に取っていただけるチャンスです。こだわり抜いた革の手触りをぜひ感じにいらしてください。     期間中、店頭にて3,000円(税込)以上CURBON by...の商品をご購入頂いたお客様には、サブスク型写真教室CURBON+のクーポンをプレゼント!    キャンペーン詳細  ■対象新宿 北村写真機店の店頭にてCURBON by...の商品を3,000円(税込)以上ご購入いただいたお客様 ■応募方法店頭ポップにてご確認いただける「キャンペーンタグ」をハッシュタグ付けして、購入した商品の写真をInstagram(フィード) / Twitterにて投稿。※「キャンペーンタグ」は店頭ポップでしか公開しておりませんので、来店時に必ずご確認ください。 ■応募期間2022年7月2日(土)〜7月31日(日) ■プレゼント内容サブスク型写真教室CURBON+でお使いいただける2,980円分のクーポン(月額プラン/年間プラン、どちらでもお使いいただけます。)※クーポンの使用はお一人様一回まで   「CURBON+」とは 「CURBON+(カーボンプラス)」は、月額2,980円で「e-Learning動画」「写真教室」 「その他動画・ 音 声コンテンツ」などが学び放題になるサービスです。 CURBON+では業界最前線で活躍するプロを講師として起用しています。 カメラを買ったばかりという初心者の方から、写真を仕事にしたいと考えている方まで、 ジャンルも幅広く学んでいただけます。 また、年間プランでだけご覧いただけるコンテンツも! CURBON+の詳細はこちらからご覧ください!     ■留意事項※上記応募方法でご応募いただいた方のみがプレゼントの対象となります。※新宿 北村写真機店の店頭でのプレゼントは行っておりませんので、ご了承ください。※ハッシュタグを確認し、Instagram / TwitterのDMよりご連絡差し上げます。万一、投稿日より7日以上連絡が無い場合にはsupport@curbon-by.comまでお問い合わせください。※非公開設定にしている場合にはご投稿が確認できかねますので、期間中は公開設定への変更をお願いいたします。※その他お問い合わせについても、support@curbon-by.comまでご連絡ください。   新宿 北村写真機店では、国内最大級の新品カメラ・中古 カメラやカメラ関連のセレクト商品を取り扱い、2周年祭期間中は様々なイベントも開催予定ですので、ぜひ足を運んでみてください。   新宿 北村写真機店 アクセス〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目26-14電話番号 03-5361-8300営業時間 2022年1月21日から当面の間、営業時間を10:00~21:00 に変更 年中無休 (年始を除く)JR新宿駅東口 徒歩4分東京メトロ丸ノ内線 新宿駅 A6出口 徒歩1分東京メトロ副都心線 新宿三丁目駅 A6出口 徒歩1分都営大江戸線 新宿西口駅 A5出口 徒歩4分西武新宿線 西武新宿駅 正面口 徒歩7分新宿 北村写真機店webサイト   CURBON by… オンラインショップInstagram:@curbon_by
【写真に想い巡らす月 #4 】古性のち

【写真に想い巡らす月 #4 】古性のち

2022.06.22
  6月1日は「写真の日」。日本で初めて写真が撮影された日です。 CURBONでは、そんな「写真の日」から始まる1ヶ月を、皆さんにとって改めて「写真に想い巡らす月」にしていただきたいと考え、特別な連載をお届けしています。   写真家4名に、「写真への想い」と大切な1枚をご紹介いただきます。 4人目は、「写真とことば」をSNSなどで発信されている古性のちさんです。     『生きるためにシャッターを切るのではなく、きっと生きてるからシャッターを切るのだね、わたしは。』      普段SNSでうつくしい日本の言葉や季語を、写真と共に時折アップしている。今回この「写真への想い」の企画オファーを受けたとき、わたしはきっとそういう「いつものやつ」を出すべきなのだと頭では理解していたのだけれど、メインディッシュではなくサイドメニューの、それも隅っこに小さく書かれすぎてお客さんにも気づかれず、月に1回か2回しかオーダーが入らないような立ち位置の写真を出してしまった。とびきり”映え”でもノスタルジックでも、オシャレに構図も決まりきっていない中途半端すぎるこの写真は、むかし私が一緒に暮らしていた人と休日にフルーツサンドを作っている写真です。「ああ〜〜あの時の1枚だなあ〜」と場面はすぐに思い出せはするものの、あんなにも宝物のように見返してはふふふ、と2人で肩をくっ付けて微笑みあった1枚が、今では甘酸っぱくもなければ、ぎゅっと胸が締まるわけでもない。甘くもなければ匂いもせず、無味無臭になってしまった。苺たちは今でもこんなにもぷりぷり可愛らしく美味しそうなのにね。昔から好きなものがたくさんある。というか私のストレングスファインダーの1位が収集心なので「わたしが好きだと感じるもの」を嗅ぎ分けて集めるのが得意なのだと思う。三度の飯より猫のお腹にダイブしてお腹をハムハムするのが好きだし、寝る前ゆったりインドのお香を焚くのも大好き。夏が来る直前のもやっとした暖かい空気も好きだし、たまに家で作るルッコラとじゃがいものサラダだって大好物。そういう「特別好きなものたち」は、例え自分の中のベクトルが向かなくなっても、好きだった時の匂いは滅多なことではなくならない。冷凍保存というか、そのまま鮮度を保ち続けている感じがする。そう考えると「元恋人との思い出写真」は振れ幅がすごい。宝物から急降下、二度と見たくないものに変わったりもするし、ぽいっとゴミ箱に捨ててしまっても、捨てたことさえも忘れてしまえるくらいに興味が消滅したりする。かつて宝物だったものたちの死体や残骸が私のiPhoneや外付けHD、そしてSNSにも有象無象に積み上げられている。毒にも薬にもならないそれらはきっと完全にいらないものではなく、私がきちんと前に進んでいる証拠なのだと思う。生きてきた証ってやつだ。とにかく写真は面白い。その時の場面を保存するけれど、気持ちは必ずしも冷凍保存されない。動画よりも余白があって不親切。でもそこを何かで補填してしまうと、急に色が褪せる。その不完全さがたまらない。中途半端で完成には程遠い、自分自身にもよく似ていると思う。私はこれからも愛しい時間も哀しい時間も、できるだけ記録していくのだと思う。そして時折振り返っては、無味無臭だなあとか、いやこれはまだ味がするなあとか、食事を楽しむように振り返るのだと思う。写真を撮ることは私にとって生きることそのもの。この命が続く限り、きっとわたしは収集のため、保存のため、生きた証のために。そして別に、そんな小難しいことは考えなくとも。生きているからこそ、シャッターを切るのだと思います。        PHOTOGRAPHER PROFILE 古性 のち1989年横浜生まれ、岡山県在住の写真家。 飾らない日々をドラマチックに表現することが得意。共著に「Instagramあたらしい商品写真のレシピ」。2022年春に単著発売予定。愛機はFUJIFILM X-T3・Nikon Z 6II。Instagram:@nocci_tripTwitter:@nocci_84    【連載記事】 [ #1 ]【写真に想い巡らす月 #1 】川原和之 [ #2 ]【写真に想い巡らす月 #2 】山本勇夢  [ #3 ]【写真に想い巡らす月 #3 】AKIPIN      特別連載「写真に想い巡らす月」、いかがでしたか? 皆さんそれぞれの「どうして写真を撮るのか」、「大切なものを写真に残す意味」。そんなことを立ち止まって考える機会となれば嬉しいです。 お読みいただき、ありがとうございました!     〈「CURBON+」をご存知ですか? 〉 CURBON+とは、サブスク型のあたらしい写真の学び場です。会員登録をしていただくと、写真教室やe-learning動画、トークショーなどが参加・視聴し放題!写真についての知識・技術を多方面から身につけることができます。>> CURBON+ について詳しくみる  
写真家がおすすめしたいもの6選:madoka uchimura

写真家がおすすめしたいもの6選:madoka uchimura

2022.06.20
  写真家が選ぶ「もの」を通して、新たな出会いにつながってほしい。この連載では、写真家があなたにおすすめしたい「もの」を紹介。写真家の愛用アイテムを通して、誰かと素敵なものとの新しい出会いを生む企画です。 1回目となる今回は、フォトグラファー・madoca uchimuraさんのおすすめしたいものを6つご紹介します。   * * *   1つめのおすすめは「AeroPress Go」   madoca uchimuraさんから、あなたへのおすすめコメント 誰でも簡単に美味しい珈琲を楽しめる器具。珈琲粉とお湯を入れてパドルでかき混ぜ、プランジャーでゆっくり圧力を加えながらプレスするだけ。コンパクトに収納できるので持ち運びも楽々。屋外でも美味しい珈琲が飲めちゃいます。   コーヒーの抽出方法といえば、ペーパードリップ、ネルドリップ、サイフォン、フレンチプレスなどはよく聞きますが、こちらの器具は「エアロプレス」という方法を使用。軽量な作りは持ち運びにもぴったりですね。 ▼公式サイト(英語)     2つめのおすすめは「CORKCICLE. STEMLESS」   madoca uchimuraさんから、あなたへのおすすめコメント 「自分たちが環境に対し何が出来るか、ペットボトルを買う人がマイボトルに持ち変えてくれたら」から始まったブランド。環境面だけでなく機能性も素晴らしく、温冷ともに1時間は温度をキープしてくれる優れもの。デスクワークが捗ります。   プラスチック製品を減らそうという取り組みで生まれたブランドは、地球に優しいだけではなくとってもおしゃれ。今回madoca uchimuraさんが撮影してくれたステムレスデザインのもの以外にも、タンブラーやボトルタイプのものもあり、色や柄の種類も豊富です。 ▼日本公式サイト      3つめのおすすめは「Anker Nano II 45W + Anker PowerLine III」   madoca uchimuraさんから、あなたへのおすすめコメント スマホもタブレット端末もノートPCも充電器はこれだけ。最大45W出力で急速充電に対応し、PCは約60分、スマホなら約30分で50%まで充電できます。お昼寝前に充電器に挿せば、起きた時にはもう満タン。はっきり言って世界が変わります。   チャージャーやモバイルバッテリーなどで有名なアンカー社が販売するPD 充電器の「Anker Nano II 45W」とケーブル「Anker PowerLine III」。朝起きて確認したら充電がない、なんて時にも、急速充電できるアイテムがあると心強いですよね。 ▼日本公式サイト   4つめのおすすめは「キングラインダーK6」   madoca uchimuraさんから、あなたへのおすすめコメント 珈琲豆を軽い力でほぼ均一に挽くことができるハンドミル。外部に調整ダイヤルが付いているので、細挽きから粗挽きまで簡単に粒度調整が可能。高級感もありインテリアとしても楽しい。1つめに紹介したtAeroPress Goと一緒に持ち出して、いつでもどこでも最高の珈琲を。   コーヒーをお家でいれる方の必須アイテムのミル。粉の状態だと空気と触れることで酸化が進んでしまうので、豆の状態から挽いてすぐいれるとおいしくいれられます。高級感ある見た目も素敵です。 ▼公式サイト    5つめのおすすめは「OPINEL #10」   madoca uchimuraさんから、あなたへのおすすめコメント アウトドアナイフとしてお馴染みのフランス製折りたたみナイフ。「わざわざ包丁使うのもな〜」みたいな調理の時にとても便利。ステンレス製なので錆にも強く扱いやすい。もちろんアウトドアシーンでも大活躍してくれています。お勧めは握りやすい大きさの#10。   フランスの老舗メーカーである「OPINEL」。キャンプやアウトドアで必須アイテムのナイフは、シンプルな作りでこだわりのあるものがいいですよね。刃渡りが#06(約73mm)から#12(約120mm)まであり、#10は約100mmです。 ▼公式サイト(英語)     6つめのおすすめは「IZIPIZI」   madoca uchimuraさんから、あなたへのおすすめコメント フランスはパリ発のアイウェアブランド。フレーム素材は丈夫で軽量なポリカーボネート製。マット加工で肌触りが良く、長時間かけていても疲れない。ラインナップが豊富なので、コーディネートに合わせて複数所持もアリかな〜とか。   機能性だけでなく見た目もかわいい「IZIPIZI(イジピジ)」。カラーバリエーションも豊富で、この夏大活躍しそうです。今回お写真でご紹介いただいたのはサングラスですが、PC用ブルーライトカットのメガネもあります。 ▼日本公式サイト   * * *   今回はmadoca uchimuraさんからのおすすめ6選をお伺いしました。気になるアイテムは見つかりましたか? この連載では引き続き、写真家のおすすめを紹介していきます。次回もお楽しみに!     ■Photographer madoca uchimura ▼Instagram▼Twitter 大阪在住の写真家。中判フィルムカメラを使って、独特の距離感で被写体を切り取るのが得意。「フタリノ」というシリーズで、恋人や夫婦、家族、友人同士などの何気ない瞬間を収めるということをテーマに撮影している。使用機材は、PENTAX67Ⅱ、PenFT。      〈「CURBON+」をご存知ですか? 〉 CURBON+とは、サブスク型のあたらしい写真の学び場です。会員登録をしていただくと、写真教室やe-learning動画、トークショーなどが参加・視聴し放題!写真についての知識・技術を多方面から身につけることができます。>> CURBON+ について詳しくみる    
7月のCURBON+ラインナップ

7月のCURBON+ラインナップ

2022.06.17
沖縄から本州にかけて、だんだんと梅雨入りしてきましたね。雨の間に晴れたと思ったら夏の日差しが降り注ぐ、過酷な季節になりました。   さて、本記事では「CURBON+で開催する教室、先の予定が知りたい!」というお声にお応えし、現在予定している7月の予定をお伝えします!   現在受付中の教室   ■CURBON MEET|フィルム写真の秘訣 [ CURBON初ゲスト ] 日時:7月2日(土)19:00-20:30ゲスト:Fujikawa Hinano 他 ▼詳細とお申し込みはこちらから   ■自然光を活かしたスタイリングの秘訣を学ぼう [ 残席わずか ] 日時:7月3日(日)10:00-12:00講師:綾 ▼詳細とお申し込みはこちらから ■物語性を生み出すインスピレーション [ 残席限りあり・初の教室内容 ] 日時:7月9日(土)20:00-22:30講師:kanako ▼詳細とお申し込みはこちらから ■紫陽花の儚さを表現する編集 [ 初の教室内容 ] 日時:7月10日(日)19:30-21:30講師:宵月絃 ▼詳細とお申し込みはこちらから   ■CURBON MEET|もなみん 個性を出す文字入れの秘訣 [ 講評あり ] 日時:7月16日(土) 19:00-20:30講師:もなみん ▼詳細とお申し込みはこちらから その他、7月に予定している教室など ■zookomi (Twitter):風景写真教室 ■眠り猫 / 宮﨑 美咲 (miyazaki misaki) (Twitter):写真教室 ■CURBON Photo College|初級クラス vol.4 公開 ■オンライン写真展 ■CURBON+会員限定クーポン配布スタート and more... さらに、「CURBON RADIO」や6月からスタートした「サツオワトーク」など、7月もコンテンツ盛りだくさんでお届け予定です! ※上記は予告なく変更となることもあります。ご了承ください。     現在公開しているe-Learningと6月の教室 6月も折り返し。写真教室やスペシャルなトークショーなどもあります! ▼コンテンツ一覧で確認!     「CURBON+」とは 「CURBON+(カーボンプラス)」は、月額2,980円で「e-Learning動画」「写真教室」「その他動画・音声コンテンツ」などが学び放題になるサービスです。 CURBON+では業界最前線で活躍するプロを講師として起用しています。カメラを買ったばかりという初心者の方から、写真を仕事にしたいと考えている方まで、ジャンルも幅広く学んでいただけます。  また、年間プランでだけご覧いただけるコンテンツも! CURBON+の詳細はこちらからご覧ください!     7月も皆さんのご参加、心よりお待ちしております!